【旅行記】Walt Disney World Resort 2017

8【WDW旅行記2017】滞在2日目 国にちなんだキャラクターとグリーティングできる『ワールド・ショーケース』<エプコット>

投稿日:

エプコット ドナルド グリーティング

 

実はもう少し『フューチャー・ワールド』でやりたいことがあったのですが、もうこの時点で時間が16:00
朝食をゆっくり食べすぎたのと、水族館を予定外にゆっくり見たことでスケジュールが狂い始めました。
そのため、この日まわれなったところは後日まわることに☆

エプコットの『フューチャー・ワールド』エリアを満喫した後は、日本を含む11カ国のパビイリオンが並ぶ『ワールド・ショーケース』へ移動。

ここからは、『ワールド・ショーケース』について書かせていただきます☆
各国のパビリオンは後日しっかりとまわったので、そのあたりは後日まとめます!

フロリダにいながら世界旅行気分が楽しめるのはここだけ!

エプコット ワールドショーケース マップ

『ワールド・ショーケース』のマップです。

世界11カ国は、上から時計回りに「メキシコ」、「ノルウェー」、「中国」、「ドイツ」、「イタリア」、「アメリカ」、「日本」、「モロッコ」、「フランス」、「イギリス」、「カナダ」となっています☆

各国それぞれに楽しみ方があります♪
時間があるのであれば、ここに1日いても満喫できます。
そして、各国には(日本を含め、ない国もありますが)国にちなんだキャラクターとグリーティングもできるのです。

まずはこのプリンセスからご挨拶☆

フランス館で町娘ベルとグリーティング

町娘ベルとのグリーティングはフランス館の近くでできます!

この日、町娘ベルとグリーティングできる時間は、
11:0012:0013:0014:5015:5016:50でした。

エプコット 町娘ベル グリーティング時間

ちなみに、このようにその日のグリーティング時間の案内が近くに置いてあり、その場でもちゃんと分かるようになっています♪

フランス館に到着したのが16:10だったので、15:50〜の回に並べるかと思って向かったのですが、すでに30組以上並んでいました。
キャストさんが最後尾にいたので、最後尾に向かったところ「もう15:50の回は締め切りよ。16:50の回で良いなら並んでね。」と。
WDWでは、プリンセスのグリーティングは本当に人気なんですよね。

予定では、15:50に町娘ベルとグリーティングして、16:50に中国館のムーランとグリーティングの予定で考えていたのですが、ベルが大好きな私は町娘ベルになんとしても会っておきたかったため、ムーランはこの日は諦めることに!

フランス館の町娘ベルは屋外でのグリーティングのため、道に沿って並んで待ちます。
ようやく16:50の回のグリーティングが始まりました♪

エプコット 町娘ベル グリーティング 絵

グリーティングするところには、読書をするベルの画が飾られています☆

エプコット 町娘ベル グリーティング

町娘ベル、優しい表情がとても印象的でした♪
ドレス姿のベルとはまた違った美しさです!
グリーティングが終わったのは17:00くらいでした。

モロッコ館のジャスミンとグリーティング

町娘ベルに興奮した後は、急ぎ足でモロッコ館にあるジャスミンのグリーティング施設へ☆

この日、ジャスミンとグリーティングできる時間は、
11:4512:4513:4514:3516:3517:35のため、最後の17:35の回になんとしても並ばなくてはいけません!

さきほどのフランス館とモロッコ館は幸いなことに隣り合わせなため、すぐに移動はできます☆
フランス館で経験したように、開始時刻から20分でもすぎてしまうと締め切られてしまう可能性があるので寄り道はせず、グリーティング施設へ一直線!
既に5組ほど並んでいましたが、間に合いました。
ジャスミンのグリーティングは室内です。

待つこと30分!

ドアがオープンし、ジャスミンが来ました♪
とても明るく、どのゲストに対しても対応が丁寧なジャスミンにうっとり。
いよいよ私たちの出番が!
するとジャスミンから「良いポーズを思いついたわ!あなたはここに手を置いてこのポーズね!」とジャスミン自らポーズを考えてくれました☆

エプコット ジャスミン グリーティング

ジャスミンリクエストのポーズ!

日本では恥ずかしくてできないポーズですが、異国の地だと自然とノリノリでできちゃうものですね。
そして最後の見送りまで丁寧なジャスミンでした。

これは絶品!イギリス館の「フィッシュ&チップス」

ジャスミンとのグリーティングが終わったのが17:50頃。

パーク内をまわるのが忙しくて興奮しっぱなしの私たちは、朝食以降何も食べていないことに気づきました。
普通なら忙しくても、お昼くらいには小腹が空くのですが、なんとこの時間まで食べずに元気に歩き回っていたのです。
夕食も19:20〜予約してあるので、それまで我慢することもできたのですが、エプコットに来たらどうしても食べたいものがあり、18:00という微妙な時間に間食をとることに!

私が食べたかったのはコチラ。

エプコット フィッシュ&チップス

なぜだか縦向きの写真しかなく、美味しさが伝わらなくてすみません。。。

イギリス館の向かい側にある『ヨークシャー・カウンティ・フィッシュ・ショップ』の「フィッシュ&チップス

エプコット フィッシュ&チップス お店

このように路面にお店が出ています。

熱々の白身魚のフライが2つに、大盛りのポテトがついてくるのですが本当に絶品!
白身魚は熱々でふんわりと柔らかく、衣はサクサクと軽くペロっと食べれます。
ポテトもしっとりしているものが1本もないくらい、全部サクサクとしていてこんなに美味しいポテトは初めて食べました☆
WDWで、ポテトはこの後たくさん食べたのですがここのポテトを超えるところはありませんでした。

買ったものと料金
フィッシュ&チップス 10.99ドル
ドリンク(スプライト) 3.29ドル
TAX 0.93ドル


合計 15.21ドル

お店の裏と横にテーブルやイスがたくさんあって、座ってゆっくりと食べることができるのですがその際注意が必要です。
人間慣れしたリスや鳥が、食べ物を落とすのを待って足元を歩き回っています。
決してあげないように、そして持っていかれないように気をつけましょう!

WDWでフィッシュ&チップスを食べられるお店は他にもあるそうなのですが、『ヨークシャー・カウンティ・フィッシュ・ショップ』は別格とも言われているくらい絶品なので本当にオススメです☆

エプコットに来たら外せない!『日本館』

夕食直前に間食を挟んでしまった私たちは、とりあえず動いてお腹を空かせようと『日本館』へ☆

また滞在2日目なのに、もう日本が恋しくなってきていたので日本館のキャストさんの「こんにちは」という言葉を聞くだけで感激です。
このタイミングで日本館に来たのにも、ちゃんと理由があります。

ダッフィーうちわ」を入手するためです♪
「ダッフィーうちわ」は何かと言いますと、このワールド・ショーケースにある11カ国のパビリオンには必ず『Kidcot Fun Stops』という施設があるのですが、ここにダッフィーうちわを持って行くとキャストさんがその国にちなんだ絵を描いてくれたりスタンプを押してくれるのです。
魅力的ですよね!

もちろん、うちわは無料です。
まずは日本からスタートしたいということもあって、日本館でもらおうと決めていました☆

日本館に入ってすぐ、日本人キャストさんがいたので「ダッフィーうちわが欲しいのですが、Kidcot Fun Stopsはどこにありますか?」と質問したところ、なんと今は「Epcot International of the Arts」のイベント期間中なのでイベントにちなんで、うちわではなく、キャラクターデザインも入っていないシンプルな紙に絵やスタンプを集めるとのこと。。。

この事実を受け入れられないまま、とりあえずシンプルな紙でもいいからもらおうと「Kidcot Fun Stops」へ。

対応してくれた日本人キャストさんに、「ダッフィーが好きですごく楽しみにしていたんです」ともう半泣き状態で雑談程度に話していたら、「ありますよ!」と神の一声が返ってきました!
なんと本当は渡してはいけないそうなのですが、日本館からもらったのを秘密にすることを条件にゲット♪

エプコット ダッフィーうちわ 表

表は塗り絵ができるように、このような感じになっています!

エプコット ダッフィーうちわ 裏

裏は、まずは日本館のみ絵とスタンプを押してもらったのですが、このように国にちなんだ絵(日本はベイマックスでした)と、ダッフィーのスタンプは、日本は"JAPAN"と入っているように各国デザインが違うのです!
1枚のベイマックスだけ「おめでとう」とケーキを持っているのは、私のバースデーバッジを見て描いてくれました☆

後日、11カ国コンプリートできましたのでそのあたりは後ほど書かせていただきます♪
日本館についても、その際に一緒に書こうと思います。

メキシコ館のドナルドとグリーティング

日本館で念願の「ダッフィーうちわ」を入手した後は、こちらも今日のうちにまず会っておきたかったドナルドへ会いに☆
日本館と、ドナルドとグリーティングができるメキシコ館は正反対に位置するくらい離れていますが、お腹を空かせるためにも頑張って歩きました!

この日、ドナルドとグリーティングできる時間は、
12:00〜15:0016:10〜19:00です。
メキシコ館に到着した時間が18:41だったため、またしてもギリギリでした。
ドナルドのグリーティングは屋外です!

5組ほどしか待っていなく、みんな淡々とグリーティングしていたため、並び始めてから5分で会えました♪

エプコット ドナルド グリーティング

TDSの『サルードス・アミーゴス!』でグリーティングできるドナルドとはまた少し違ったラテン系のコスチュームです。
メキシコ館のドナルドはパワフルで、抱きついた時や写真を撮る時の腕を組む際、ギューと力強かったです!
もう遅い時間だったということもあってか、グリーティング時間は割と短めでした。

アトラクション『Living with the Land(リビング・ウィズ・ザ・ランド)』

ドナルドとのグリーティングが終わった後は、夕食のためにフューチャー・ワールドのエリアへ☆

メキシコ館は、ワールド・ショーケースの中でも一番端でフューチャー・ワールドに近い位置にあるので、すぐに到着です!
フューチャー・ワールドに到着した時間は18:50
夕食前に行きたいと思っていたアトラクション『Living with the Land』が待ち時間5分表示♪

もちろんスタンバイ列に並び、乗りました。
このアトラクションに関しては、急に室内に入ったこともあって疲れが一気にきてしまいアトラクションの中どころか入口の写真も撮れていません。。。

『Living with the Land』は、最新技術で野菜を栽培する未来農場をボートで旅するツアーです。
ボートは日本でいうと『イッツ・ア・スモールワールド』のようなゆっくりと進むボートで屋根がついています☆
ここで栽培されている野菜が、夕食の予約を取っている『The Garden Grill(ガーデングリル)』で出されるので、食べる前に見ておきたかったのです!

「るるぶ」に、“ミッキーのかたちをしたきゅうりやトマトの栽培風景”も見れると書いてあったので楽しみにしていたのですが見た感じ普通のかたちのお野菜しか見当たらず。。。
見逃してしまったのかもしれません。
野菜の栽培風景から魚の養殖までなかなか興味深いものが見れます☆
そして、ホースがミッキーモチーフになっているところなど、隠れミッキーもいくつか見つけることができました♪

ここで「滞在2日目 国にちなんだキャラクターとグリーティングできる『ワールド・ショーケース』<エプコット>」は終わります。
続いては「滞在2日目 美味しい野菜が自慢!回転するレストランでの夕食後は大迫力の花火ショー<エプコット>」について書かせていただきます♪

-【旅行記】Walt Disney World Resort 2017
-

Copyright© Be Our Guest(ディズニーブログ) , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.