【旅行記】Walt Disney World Resort 2017

19【WDW旅行記2017】滞在5日目 専用シアターで『美女と野獣』のブロードウェイ風ミュージカルを観劇<ディズニー・ハリウッド・スタジオ>

投稿日:

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー17

 

『ディズニー・ハリウッド・スタジオ』では本格的なショーやミュージカルを観劇できるのが魅力です。
もちろん、FP+にも対応しているので良い席で見るにはFP+を取得することをオススメします!

私たちは事前にアトラクションのFP+しか取っていなかったのですが、ある出来事があってFP+を使って『美女と野獣』のミュージカルや、『アナと雪の女王』のショーを観れました。

ここからは感動のショーやミュージカルを中心に書かせていただきます。

何度でも見たい!クオリティが高すぎる圧巻のミュージカル

 

ホテルのベッドメイキングでトラブル

宿泊している『アート・オブ・アニメーション・リゾート』で、実は2泊目、3泊目、4泊目と立て続けにベッドメイキングに漏れがあり、3泊目までは我慢していたのですがさすがに限界を感じ前日の4泊目にフロントへ相談に行きました。

何があったかといいますと、このようなことがありました。

(2泊目)BOXティッシュが元々少なく、空になっているのに補充がされていない。
(3泊目)ゴミ箱のゴミが捨てられていない。
(4泊目)歯磨き用の使い捨てのプラスティックのカップがあるのですが、補充がされていない。
更に、お風呂掃除がされていない。

ゴミ箱には、カップ麺の容器なども入れていたので結構な量たまっていて捨て忘れということではなさそうでした。
お風呂に関しても、私たちは日本から固形のボディ石鹸を持って行ったのですが、掃除がしにくいと思い毎回石鹸は袋に入れてスーツケースの中にしまっていました。
しかし、その石鹸を置いた後の汚れなどが取れていなく、シャワーカーテンもそのまま。。。
浴槽の中に入れておいた使用済みのタオルだけは回収済み。

遅い時間にフロントに行ったので、日本語キャストさんはいませんでした。
それでも、電話で通訳してくれるサービスがあって、電話を通して目の前のキャストさんと会話をすることができるのです。

そこで、キャストさんに伝えると、「大変申し訳ございませんでした。すぐにキャストに共有します。」と謝られてしまいこちらも申し訳ない気分に。。。

さらに、マジックバンドをタッチするように言われ、「残りの日、明日以降それぞれどこのパークに行くか全て教えてください。」と言われたので、1日2パーク行く日も含め、全て伝えたところ、

明日以降行くパークのフリーFP+を、My Disney Experienceに追加させていただきました。各パーク3つずつフリーで使えます。」と・・・!

しかも、1日2パーク行く日でも、それぞれ3つずつフリーFP+を入れてくれたので1日6つもフリーのFP+が追加された日もありました☆

WDW フリーFP+

フリーFP+は、My Disney Experienceにこのように追加されます。

FP+の縛りは関係ないのですが、『エプコット』のアトラクション『Frozen Ever After』だけ対象外というだけで好きな時に好きなものに使えます。

使い方は、乗りたい時間にFP+エントランスでマジックバンドをタッチするだけ♪
My Disney Experienceで使った回数が分かるのも安心です。

「他にも何かお困りのことはありませんか?」と気にかけてくれたりとても丁寧な対応で、ほっこりしました。
部屋に戻る度に、立て続けに嫌な気分になっていたのですがおかげさまでこれ以降の日は何もトラブルもなく快適に過ごせました。

本格的なミュージカルショー『Beauty and the Beast-Live on Stage(「美女と野獣」ライブ・オン・ステージ)』

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー 看板

『Toy Story Mania!』を楽しんだ後は、11:00〜開始の『Beauty and the Beast-Live on Stage』を観るためにサンセット・ブルバードのエリアに移動してきました。

『Beauty and the Beast-Live on Stage』は、この日は5回の上映があり、11:00は1回目の回!
この日の上映時間は、11:00〜13:00〜14:00〜16:00〜17:00〜でした。

『Beauty and the Beast-Live on Stage』は、映画『美女と野獣』をブロードウェイスタイルのミュージカルで再現したミュージカルショー☆
フランスの田舎町で暮らすベルの日常から始まり、ベルと野獣が出会い、野獣が優しい心を取り戻して王子の姿に戻るまでのハイライトシーンがステージ上で展開されます。
上映時間は約25分です。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣専用ステージ

会場は、屋外の『Beauty and the Beast-Live on Stage』専用ステージです。
会場の外からでも今から始まるショーに期待が膨らみます☆

ハリウッドスタジオ 美女と野獣専用ステージ2

ベルとビーストだけではなく、お城の仲間たちもお出迎えしてくれています♪

ハリウッドスタジオ 美女と野獣 FPエントランス

私たちはさっそく、前日にもらったフリーFP+を使いました!
本当に何もせずに、マジックバンドをタッチするだけで通れました。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣 ステージ

会場内に入ると、30分前だったこともありセンターブロックの前の方に座れました♪
席はFP+とスタンバイとで席がロープで区切られています。

ステージから見て、右側がFP+の席、左側がスタンバイの席なのですがFP+の席が約3分の2を占めています。
私たちはFP+を使って30分前に入ったのでまだまだたくさん席が残っていたのですが、スタンバイの方はこの段階でほぼ埋まっていました。

スタンバイだとセンターブロックには確実に座れないのと横からになってしまうので、できればFP+で入るのをオススメします!

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー1

ショーは映画でもお馴染みのプロローグから始まります。
実はバラが描かれた大きな布を持った2人は、ベルとビーストに次ぐくらいショーの中で大活躍なのです!

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー2

魔女がお城にやってくるシーンまで忠実に再現。
物語の中でキーとなるアイテム、一輪の魔法のバラもちゃんと持っていますね♪

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー3

お城に泊めて欲しいと魔女に言われ、断ってしまったビーストが呪いの魔法をかけられてしまうシーン。
ここで大きな布を持った2人が登場!
そうなんです、この2人は変身シーンなどで大活躍します。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー4

魔法で呪いをかけられ、姿を変えられたビーストが登場。
ビーストは迫力がありますね!

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー5

美しい歌声とともに町娘姿のベルも登場♪
小柄でキュートなベルです。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー6

ベルをよく見ると、ヘッドセットを付けています。
『Beauty and the Beast-Live on Stage』はセリフを話せるキャラクターはみんな生歌なんです!
もちろんセリフも生で、みんな感情を込めて演技をするのでより感動を味わえます☆

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー8

もちろんここでガストンも登場します!
ムキムキな筋肉を披露♪

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー9

このガストン、時折見せる表情が優しくてチャーミングです。
とても悪者には見えませんでした☆

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー10

お城の仲間たち、ルミエールコグスワースポット夫人チップも登場♪
ルミエールの顔に違和感が・・・!
もう終了してしまいましたが、TDSの『テーブル・イズ・ウェイティング』のリアルな顔に見慣れてしまっているため、ものすごい違和感です。

日本のルミエール

少し話が外れてしまいますが、コチラが日本のルミエール。
全然違いますよね!

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー11

Be our guest』のダンスシーンではベルも参加☆
歌だけではなく、ダンスもとても上手です!

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー12

お城の仲間たちも一緒にダンスしているのですが、ポット夫人は後ろで温かく見守っていました。
さすがお母さん♪

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー13

そんなポット夫人ですが、アップで見てみるとキュートな顔をしているのです。
まつ毛がくるんと立体的にカールしていて、愛らしいです!

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー14

お城に攻めてきたガストンとビーストが戦うシーンも迫力があります。
結末が分かっていてもドキドキするシーンですよね。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー15

ビーストの呪いが解けました!
写真には収められていなかったのですが、この時にも大きな布をもった2人が大活躍。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー16

ベルとビーストのキスシーンですが、見てください!
本当にキスをしているのです!!
ここまでリアルに再現するとは本格的です。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー17

いよいよフィナーレです。
ドレスアップした美しいベルが登場♪
いつものイエローのドレスとは少し違うデザインですが、こちらのドレスも素敵です。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー17

またまたキスです☆
2人とも美形なので絵になりますね。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー17

カーテンコールでは、ガストンや魔女も登場して仲良くご挨拶♪
この時、ベルやビーストが他の出演者たちと握手をするのですが、ビーストが笑顔を振りまきながら握手をする姿がかっこよかったです。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー18

最後は、お城の仲間たちと一緒に☆
『美女と野獣』は小さい頃から見ていたとても好きな映画なので、感慨深かったです。
途中、何度もウルっときてしまいました。

ハリウッドスタジオ 美女と野獣ショー19

終了後、ステージをバッグに記念に写真を撮ってもらいました。

ゲストリレーションで落とし物確認 Part.2

ハリウッドスタジオ ゲストリレーション

『Beauty and the Beast-Live on Stage』を見終わった後は、FP+を取っていた近くの『The Twilight Zone Tower of Terror』に行っても良かったのですが、FP+が使える時間まで約5分あったので少しの時間も無駄にしないよう、落としてしまったレンズフードが届いていないかゲストリレーションへ確認に。

ゲストリレーションは、各パークで内装が違うのですが、このように丸テーブルが配置されているタイプは『ディズニー・ハリウッド・スタジオ』だけでした。
ちなみに、他のパークはカウンター形式でした!

レンズフードは残念ながら届いていなく、キャストさんが『Muppet★Vision 3D』に問い合わせをしてくれたところ、「施設まで来てくれれば一緒に探せるよ」との回答がありました。

さっそく、『Muppet★Vision 3D』まで行って入れ替えのタイミングで一緒に探してもらったのですが見つけることができず。。。
シアター内に入場する時間になってしまったのですが、キャストさんがゲストに「黒のカメラのレンズフードが落ちていないか、席の周りを確認してください」と呼びかけてくれたのです。
ゲストも一斉に椅子の下を確認してくれたのですが、それでも見つからず。。。

すごく丁寧に対応してくれたキャストさんにお礼をし、諦めてシアターを後にしました。

アトラクション『The Twilight Zone Tower of Terror(トワイライト・ゾーン・タワー・オブ・テラー)』

気持ちを切り替えて、FP+を取っている『The Twilight Zone Tower of Terror』へ。
11:54に到着しました!

TDSの『タワー・オブ・テラー』と雰囲気はそっくりなのですが、アトラクションのストーリーが少し違うのです。

『The Twilight Zone Tower of Terror』は、1950〜1960年代に放映されたアメリカの人気TV番組『The Twilight Zone(トワイライト・ゾーン)』のテイストをディズニー流にアレンジしたアトラクション☆
「The HOLLYWOOD TOWER HOTEL」を訪れた5人のゲストが、13階へ行くエレベーターに乗ったっきり突如姿を消すというストーリーなのです。

そして、世界で一番最初にできた元祖『Tower of Terror』というのもポイントです!

入口から不気味なホテルの看板が!
早くもゾクゾクしてきます。

ハリウッドスタジオ タワーオブテラー1

内装はTDSと同じような雰囲気ですが、後半に行くにつれて置いてあるセットなどに違いがありました。
シリキウトゥンドゥはもちろん、登場しません。

肝心のアトラクションですが、こちらもただライドが上下に動くだけではないのです。
私たちはてっきり、ライドに乗ったら上がるのかと思っていたらいきなり前に進み始めて動揺!
この前進に動揺しすぎてしまい、その後の動きについてはあまり記憶に残っていません。。。
とりあえず怖かったことだけは覚えています。
前進することを把握した上で、もう一度乗りたかったです☆

ハリウッドスタジオ タワーオブテラー 写真

写真も撮られます♪
メモリーメーカーには、写真と一緒にムービーも入っていました。
約30秒のムービーなのですが、音楽も映像もゾクゾクする内容のものでした。

ハリウッドスタジオ モニター

マジックバンドをタッチするところはコチラ。

先ほども言いましたが、もう1回乗りたかったと強く思うほど1回しか乗れなかったのが心残りのアトラクションでした!
12:20に外に出たのですが、FP+だったのにも関わらず待ち時間が長かった印象です。

ランチは軽めに!『ABC Commissary(ABCコミサリー)』

ハリウッドスタジオ ABCコミサリー

建物の写真を撮り忘れてしまったのですが、この日はディナーの時間が16:15〜と早かったためランチは軽めにと思い、サクっと食べれそうな『ABC Commissary』に。
ここでは、主にハンバーガーなどのファストフードが食べられます。

旦那はチキンバーガー、私はチキンナゲットを頼んだのですが予想以上のボリュームでした!

ハリウッドスタジオ ABCコミサリー4

チキンバーガーにはポテトがどっさり。
日本でもファストフード店でセットを頼むとポテトが付いてくるので、これはなんとなく想定内でした。

ハリウッドスタジオ ABCコミサリー3

問題がコチラ。
私は夜に備えて、ランチを軽めにしようとチキンナゲットだけにしたのにポテトまで山盛りで付いてきました。
そして、ナゲット8個入りを甘く見ていました。。。
マクドナルドのナゲットくらいの大きさだと思っていたのですが、1つの大きさがマクドナルドの倍以上の大きさなのです。

ハリウッドスタジオ ABCコミサリー2

ドリンクにストロベリーのスラッシュを頼んでみたのですがキュートなミッキーのストロー付き☆
もちろん、綺麗に洗って持ち帰ってきました。
隣のドランクはラージサイズのコーラなのですが、かなりのビッグサイズです!

買ったものと料金
Chicken Club P2M 10.99ドル
Chkn Nuggt 8 Fries 9.49ドル
Lg Coke 3.69ドル
Slush wMickeyStraw 4.69ドル
TAX 1.88ドル


合計 30.75ドル

ボリュームに驚いてしまったのですが、味の方はどれも絶品です!
ナゲットも味に飽きることなく完食しました。
テーブルも広くて、ゆっくり休憩もできるのでオススメです。

ちょうどこのご飯を食べている時間、外では強風が吹き始め曇り空に。
たまたま私はパンツスタイルだったので良かったのですが、スカートの人は手で抑えないと捲れてしまう程の強風でした。
この日の夜は『Fantastic!』を楽しみにしていたので、中止にならないか不安になり、すぐにネット検索しました!
『ディズニー・ハリウッド・スタジオ』では、『Fantastic!』は多少の雨や風では中止にならないとのことだったのでとりあえず安心。

大合唱に参加できるショー『For the First Time in Forever:A "Frozen" Sing・Along Celebration(生まれてはじめて:シング・アロング・セレブレーション)』

ランチ休憩を取り終わったのが14:00だったのですが、13:40〜14:40の『Star Tours-The Adventures Continue』のFP+は諦めて、フリーFP+を使って『For the First Time in Forever:A "Frozen" Sing・Along Celebration』に向かうことにしました。

時間も時間だったのと、『Star Tours-The Adventures Continue』は日本のものとほとんど内容も一緒なので、無理に行かなくても良いかなということに。

ハリウッドスタジオ フローズン入口

『For the First Time in Forever:A "Frozen" Sing・Along Celebration』は、映画『アナと雪の女王』の名場面を振り返りながら、アナとエルサとクリストフ、そしてアレンデール王国の歴史家とともに歌の世界を楽しめるショー☆
約30分のショーで、「For the First Time in Forever」をみんなで大合唱したり、ゲストも楽しく参加できるショーでした♪

ハリウッドスタジオ フローズン 時間

『For the First Time in Forever:A "Frozen" Sing・Along Celebration』は、この日の上映回数は10回
9:30〜18:30まで、1時間おきにありました。
私たちは、14:10に到着し、14:30の回に入れました♪

ハリウッドスタジオ フローズン スタンバイ

シアターに入るまでは、屋根付きのエリアで映画の名シーンを集めた映像を見て待つことができるので、退屈しません。
ここからシアターに順番に入ります。
入ってから好きな列には行けるのですが、席は奥から詰めなくてはいけません。
そのため、空いている列に行ってしまうと端まで進まなくてはいけないのでご注意!

ハリウッドスタジオ フローズン1

後方ではありましたがセンター寄りに座れました☆
ステージのカーテンには氷の結晶が青く輝いています。

ハリウッドスタジオ フローズン2

はじまりました!
映画でもお馴染み、アレンデールのお城の映像がバックに現れました。

ハリウッドスタジオ フローズン3

まず最初に登場したのは、アナ
元気いっぱいにトークをするのですが、全て英語のため案の定雰囲気だけしか分かりません。

ハリウッドスタジオ フローズン4

次に登場するのが、アレンデール王国の歴史家という設定の2人が登場。
この2人が、面白おかしくショーを進行してくれます。
主にこのショーは、バックに映し出される映画の名シーンを見て、その後に歴史家2人のトークを聞くという流れです。
映画の名シーンを振り返るのと、テンションの高い歴史家のトークを交互に楽しむという感じです。

ハリウッドスタジオ フローズン2

そしてショーの目玉は、コチラ!
歌のシーンが流れ始めると、映像には歌詞が表示されるのです。
日本でも流行りましたが、まさに「みんなで歌おう♪」というコンセプトのもとゲストみんなで大合唱が始まります。

歌詞付きの映像が流れたのは、5曲です。

Do You Want to Build a Snowman?(雪だるまつくろう)」
For the First Time in Forever(生まれてはじめて)」
Love Is an Open Door(とびら開けて)」
Let It Go(レット・イット・ゴー~ありのままで~)」
In Summer(あこがれの夏)」

どれも名曲ばかり♪
私たちの席の後ろには、高校生くらいの男の子の集団がいたのですが完璧に歌い上げていました!

ハリウッドスタジオ フローズン3

アナとクリストフ、ペアでも登場します。
クリストフが1人で登場するシーンもあったのですが、その時は歴史家の女性がクリストフを「ジャスティン・ビーバー!」と呼びながらベタベタ触るなんていうユニークな掛け合いもありました☆

ハリウッドスタジオ フローズン4

ショーも終盤です。
ここでようやく雪の女王、エルサが登場します。
シアター内は大歓声に包まれます。

今度は、「Let It Go」を生歌で披露♪
シアター内にもたくさんの雪(泡)が降ります。

ハリウッドスタジオ フローズン5

最後はアナも一緒に♪
アナは、ステージに降る雪を拾ったりして楽しそうに遊んでいました。

ハリウッドスタジオ フローズン6

ステージの雪には、紙で作られた雪の結晶も舞っていたのですが、アナはその雪の結晶を両手いっぱいに掴んで客席に向けて投げたりと大はしゃぎ!
可愛らしかったです☆

このショーは、基本的に映画の名シーンを振り返る時間が長いため、時間に余裕がない時の30分はちょっと長いかなと感じました。

ここで「滞在5日目 専用シアターで『美女と野獣』のブロードウェイ風ミュージカルを観劇<ディズニー・ハリウッド・スタジオ>」は終わります。
続いては「滞在5日目 パーティー気分を味わえる!オシャレな装いをしたキャラクターたちとの楽しいディナータイム<ディズニー・ハリウッド・スタジオ>」について書かせていただきます♪

-【旅行記】Walt Disney World Resort 2017
-

Copyright© Be Our Guest(ディズニーブログ) , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.