【旅行記】Walt Disney World Resort 2017

3【WDW旅行記2017】事前準備 番外編

更新日:

ここからは、個人的な事前準備になるのであまり参考にならないかもしれませんが「事前準備の【番外編】」を書かせていただきます☆

【番外編】事前準備

 

アウトレットのクーポン取得

WDWの近くには『プレミアム・アウトレット・バインランド・アベニュー』と『プレミアム・アウトレット・インターナショナル・ドライブ』の2つのアウトレットがあります。
WDWからより近い方は『プレミアム・アウトレット・バインランド・アベニュー』です。

バインランドアベニューでは事前にサイトから会員登録をすることで、クーポンの引き換え用紙を発行することができます!
当日は印刷しておいたクーポンの引き換え用紙をインフォメーションに持っていくだけ♪ということで、会員登録をしました☆
サイトを見るだけであれば日本語で表示できるのですが、会員登録は全て英語です。

専用アルバムの作成

これこそかなり個人的な準備なのですが。。。
現地でのサイン帳の調達は予定してはいるのですが、どうしてもサインを書いて欲しいアルバムがあり準備!
昨年、ディズニーアンバサダーホテルでFairyTaleWeddings(FTW)とシンデレラ城前でキャッスルフォト(前撮り)をしたのですが、その写真の横に関連するキャラクターにサインを書いて欲しかったのです♪
そのため、100円ショップで、写真も挟める色紙を購入。

サインもらうアルバム

中身はこのようになっています。

サインもらうアルバム 中身

これがグリーティングの際に結構ネタになってキャラクター、キャストさん、フォトパスカメラマンみんなが見てくれて時間も多めに取ってくれました☆
ただサイン帳にサインをしてもらうだけではなく、このような小道具を用意しておくとキャラクターと英語で会話をできなくてもコミュニケーションを取りやすいのでオススメ♪
書いてもらったサインは後ほど順番に紹介します。

しおり作成

今、旅行のしおりを作られている人多いですよね!
私も便乗して、作成してみました♪

WDW手作りしおり

内容は盛りだくさんで、全部で32ページになりました。
帰国後撮影したので、ボロボロです。。。
ボロボロになるくらい、こちらも大活躍でした!

中身は、毎日のスケジュールやFP+状況、パーク毎のグリーティングスケジュール、やりたいこと、食べたいもの、最低限の英会話、お土産リスト、アトラクション内容などを細かくまとめました。
アトラクション内容は、こちらもパーク内で無駄に動く必要がないよう事前にそれぞれどんなアトラクションなのかを調べてこのようにまとめました☆

WDW手作りしおり 中身

現地でガイドマップは入手できるのですが、それだけではアトラクションの内容は把握できても具体的な混み具合や、乗っている際に写真撮影はあるのか等という情報は記載されていないので、そのあたりを中心に事前準備♪

英会話は、キャストさんと話すのに必要なものから、グリーティングの際にキャラクターに話しかけるのに盛り上がりそうなもの等を調べておきました。

意外と使ったのがコチラです。
Can I have some extra a plastic bags?

お買い物をした際に使うこの言葉です。
余分な袋をもらえますか?

日本はお買い物をした際に、買った商品の数だけお土産袋を一緒に入れてくれますが、WDWではこちらから言わないとお土産袋は貰えません。
そのため、会計の度に言う必要があります!

ハネムーンプロップス作成

こちらもハネムーンに行かれている方がよくやられているプロップスを作ってみました♪

ハネムーンプロップス

パワーポイントで作成。

FTWとキャッスルフォトの写真を透過させて、ハート型にしただけ☆
プリンターで普通紙に印刷して、画用紙に貼りました。
紙ストローは100円ショップで購入したものです。
毎日、その日のプロップスを持ち歩いてフォトパスカメラマンに撮影してもらいました♪

持ち物リスト

7泊9日ということとで持ち物は多めです。
色々な方の旅行記を参考に持ち物はコチラにしました!

電気ケトル 電源タップ 延長コード 各種充電器
一眼レフカメラ 防水カメラ モバイルバッテリー SDカード(16GB×10枚)
セルカ棒 防水スマホケース 頭痛薬、風邪薬等のお薬 酔い止め
目薬 バンドエイド 体温計 日焼け止め
休息時間 汗拭きシート 洗顔、メイク落とし ボディタオル
シャンプー、コンディショナー ボディーソープ 水着 パジャマ
かっぱ サングラス 洗濯用洗剤、柔軟剤 ハンガー(10本)
ピンチハンガー 衣類圧縮袋 食器用洗剤とスポンジ キッチンペーパー
割り箸 紙コップ カップうどん(4個) 緑茶ティーバッグ
ペットボトルの緑茶(500ml) お菓子 お吸い物 ハネムーンプロップス
パスポート パスポートコピー ESTAコピー JALパックしおり
手作りしおり 写真入り色紙 ノートとボールペン マッキー
大きめの付箋 ウエットティッシュ ポケットティッシュ 緩衝材
マスキングテープ はさみ ホテル用スリッパ 機内用スリッパ
エア枕 機内グッズ入れバッグ ロスバケ用着替えセット ビーチサンダル
ビニール袋 ビーチ用バッグ ヘアアイロン(海外用) 海外旅行保険しおり
My Disney Experienceで予約したものの予約番号コピー ホテル内で使う用小さめバッグ クリアケース レシートまとめるジップ付き袋
歯ブラシ、歯磨き粉 保湿マスク

化粧品とかコンタクト等というごく一般的なものは除いてあります。

すごく重宝したのはカップうどんです!
アメリカへ入国する際には、肉類の持ち込みが禁止されています。
肉を含んだ食品や肉エキスを含んだ食品全て禁止されているため、ほとんどのカップラーメンは持ち込めないのですがカップうどんは肉エキスの入っていないものもあるので、持ち込みできます。
WDWでは味の濃い食べ物や甘い食べ物等が多く、日本食は本当に恋しくなります。
そんな時、お部屋に戻ってから食べるカップうどんが絶品でした☆
ホテルのフードコートにもお湯はあるのですが、お部屋ですぐに沸かせる電気ケトルも毎日活躍してくれました。

詳しくはのちほど記載しますが、直営ホテルでは「リフィルマグ」というタンブラーを一度購入すると滞在中はホテルのフードコートに置いてあるドリンクバーのようなものが飲み放題になります!
軽く洗い流せるような水も出るのですが、洗剤のようなものは置いてありません。
そのため、お部屋に戻ってから洗剤を使って自分で洗おうと食器用洗剤スポンジを持っていったのですがこれも大活躍でした♪

逆に持っていけば良かったなと現地で感じたものは、ペットボトルの水ヘアアクセサリーです。

まずペットボトルの水は、さきほどお話したカップうどんや、持っていったお吸い物とかをお部屋で飲む際に、水道水を使うのに少し抵抗があったので、現地でわざわざペットボトルの水を購入していました。
歯磨きやうがいで使う分には問題ありませんが、飲み水として使うのはオススメできません。
現地で購入すると3ドルするので(たしか500mlくらいです)、日本から持っていけば良かったなと思いました。

ヘアアクセサリーは、ここはうっかりしていたのですがフロリダはものすごく湿度が高いので朝頑張って髪の毛をセットしても1時間も外にいればすぐに広がってしまうのです。
私はヘアアクセサリーはウォーターパークで使おうと思っていたおもちゃみたいなヘアゴムと茶色のごくシンプルなヘアゴムしか持っていっていなかったため、毎日すごくダサいヘアスタイルになってしまいました。。。

使い道が分からなそうな「クリアケース」は、ガイドマップや現地で入手した折れやすそうなものを綺麗な状態で日本へ持ち帰るために持っていきました。
こちらも100円ショップで調達!

WDW準備 クリアケース

かさばりそうですが、ケースの中にもたくさん物を入れられるのでスーツケースの中でもそこまで邪魔にはなりません。

こちらは、「レシートまとめるジップ付き袋

レシートまとめ袋

袋自体に滞在期間の日付を事前に記入しておき、現地で毎日使ったレシートをその日の袋に入れておきました!
マジックバンドでほとんどの会計をしたため万が一、身に覚えのない請求が来てしまった時に備えて分かりやすく収納。

私が宿泊した「アート・オブ・アニメーション」は、アメニティはハンドソープボディ石鹸リンスインシャンプーのみでした。

WDW ホテル アメニティ

海外製の石鹸などは身体に合わないことがあるのと、滞在期間も多いためシャンプー、コンディショナー、ボディーソープは全て日本から丸ごとひとつ持って行きました!

ここで「事前準備【番外編】」は終わります。
続いては「いよいよウォルト・ディズニー・ワーリド・リゾートへ出発」について書かせていただきます♪

-【旅行記】Walt Disney World Resort 2017
-

Copyright© Be Our Guest(ディズニーブログ) , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.